キミエホワイト 市販

キミエホワイトは、市販品とはどこが違う・・!?

シミ・そばかすに効くとされる薬は、もちろん「キミエホワイト」だけではありません。

 

キミエホワイト市販

 

薬局やドラッグストアなどに行くと、店頭販売されている市販品は「キミエホワイト」のような医薬品だけでなく、同じく服用するとしてサプリメントも数多くあり、何を選んだらいいのか困まってしまいませんか?

 

市販されているシミ対策というと何となく化粧品を選びがちですが、効き目を感じないと思われる人も多いのが実情です。実際に肌が作られるのは肌の奥にある真皮層ですから、肌の上からだけでは効き目が薄いのも仕方ないことかも知れません。

 

だからこそ、体の内側からのアプローチが必要になってきます。

 

体の内側からというと、サプリメントも服用している人もいると思いますが、医薬品と違い、確かな効果は認められてはいません。医薬品は、店頭販売されている市販品でもそれぞれの成分の持つ役割がハッキリしていて、どんなシミにどのように効くのかちゃんと説明がされているのです。

 

そこで、第3医薬品とされる「キミエホワイト」と、同じく第3医薬品の中で、店頭販売されている一般の市販品とを比べてみました。

 

キミエホワイトのほかの市販品とは違う特徴とは・・・?

 

キミエホワイト市販

 

比較してみると、多くの市販品には「キミエホワイト」と同じように、L-システイン(シミの原因となる過剰なメラニンを生成抑制、排出)や、アスコルビン酸(過剰なメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを改善)が配合されていました。

 

ですが、「キミエホワイト」には他に、ニコチン酸アミド(メラニン色素抑制作用)、リボフラビン(健康な皮膚や髪、爪をつくり、成長をうながす)が配合されています。

 

店頭販売されている市販品にはニコチン酸アミド、リボフラビンは配合されていなかったり、他の成分が代わりに配合されていることが多かったりします。
何故なら、店頭販売されている商品はシミ対策+αになっていて、シミ対策以外の効果を狙っていることが多く、「キミエホワイト」と比べると、成分上ではシミ対策の効果が薄いと考えられるのです。

 

 

人それぞれ、何に一番重点を置くかなので、他に+αの効果を求めるのであれば、店頭販売されている他の市販品でもいいと思います。

 

ですが、本気でシミ対策を考えるのであれば、成分からも「キミエホワイト」がいいのではないかなと思います。

 

キミエホワイトの効果を実感するために、用量・用法を正しく

 

キミエホワイト市販

 

どの医薬品にも言えますが、サプリメントなどと違い医薬品は薬です。なので、きちんと指定通りの飲み方をするのが大前提となってきます。

 

一度にたくさん飲めば早く効くわけでもなく、薬がムダになったり余計な副作用が出たりすることがあります。正しい効果を得るためには、きちんと最初に取り扱い説明書を読み、指示に従って飲むようにしてください。

 

また、薬を飲んでいるのだから後は何をしても大丈夫というわけではありません。せっかく薬を飲んで、肌をキレイにしようとしても、どんどん新しいシミを作ってしまう行動を取っていては意味がありません。

 

外出時は紫外線対策をする、食事からもビタミンCを多く摂取する、ストレスを溜め込んだりせずに、血行を良くするための軽い運動や質の良い睡眠をとるなど、肌を守り、労わることでシミを作らない生活を心がけてくださいね。

 

キミエホワイト市販

 

キミエホワイトをお試しするなら、初回半額で買える公式通販がお薦めです。ご興味のある方は、一度お得な公式通販サイトをご覧になってみてくださいね。

 

>>キミエホワイトの公式通販はこちら

 

関連ページ

薬局・ドラッグストアでの販売状況
シミ・そばかすへ効果のありと人気のキミエホワイトプラスは、薬局やドラッグストアなど一般の販売店でも購入できるのでしょうか?キミエホワイトプラスの販売店をご案内します。