キミエホワイトの副作用

キミエホワイトには副作用はないの?妊娠中でも大丈夫?

キミエホワイト効果

 

医薬品と聞いて、まず気になるのが副作用だったりしませんか?「キミエホワイト」の公式通販サイトでは第3類医薬品という表記があります。

 

キミエホワイトだけでなく、他の一般薬などにもその表記があるのですが、これが医薬品としてどういう意味なのか、副作用などに関係してくるのかが気になったので、調べてみたところ、薬には薬事法によって大きく3つに分類されるのが分かりました。

 

第1類医薬品

 

一般で売られている医薬品の中でも、副作用、相互作用など安全性の上で、特に注意が必要で取り扱いが難しい薬です。

 

購入の際は、薬剤師の説明を聞かずに購入できなくなっています。また、購入する際も薬剤師と対面し、書面による情報提供が義務付けられています。

 

第2類医薬品

 

副作用の心配は第1類よりないですが、やはり注意を要するものとされています。

 

また、薬剤師がいる店舗でしか購入することができません。(薬剤師がいないと、薬自体の取り扱いがありません。)

 

第3類医薬品

 

薬剤師がいない店舗でも購入できる医薬品になります。

 

第1類、第2類と比べると、比較的安心な医薬品となり、副作用の心配がありません。

 

つまり、「キミエホワイト」は医薬品の中でも比較的副作用が低いとされている、第3類に該当するということが分かりました。

 

また、「キミエホワイト」の配合成分は妊娠中に服用しても心配のない成分となっていますし、公式通販サイトにも注意書きなどに「妊娠中・授乳中は控えてください」などの表記もありませんでしたので、妊娠中・授乳中の人も安心して飲めるかと思います。

 

妊娠中に濃くなってしまったシミにもキミエホワイトは効果的

 

キミエホワイト副作用

 

妊娠中にはホルモンバランスの崩れから、シミが急激に増えることがあります。

 

妊娠中にできるシミを、妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)というらしいのですが、妊娠中は女性ホルモンが活発に分泌されることから、通常よりもシミができやすくなっているそうです。

 

妊娠性肝斑は、出産後3~4ヶ月ほどで収まることもあるのですが、一度色素沈着してしまうと消すのは容易ではありません。

 

 

でも、いくら妊娠中にシミが増えたと言っても、お腹の赤ちゃんへの影響を考えると薬など飲む気になれずに放置したまま、気づいた時にはシミが濃くなっていたなんてこともあるようです。

 

そんな妊娠中に増えてしまったシミにも、キミエホワイトは効果的なのですね。

 

キミエホワイトの気になる副作用まとめ

 

キミエホワイト副作用

 

キミエホワイトには、では100%副作用がないの?と考えるかと思います。基本的には服用に関する注意事項を守っていれば副作用の心配はありません。

 

ただ「キミエホワイト」の公式通販サイトには、嘔吐、悪心、吐き気、下痢、湿疹などの副作用が記載されています。副作用は、全ての人に必ずその症状が出るわけではなく、体質や体調によって症状が出る場合があります。また、「キミエホワイト」に限らず、医薬品として販売されている全ての商品や、医薬品に限らずサプリメントなどでも起こる可能性はあります。ですので異常を感じたら、すぐに服用を中止して専門医に相談してみてくださいね。

 

キミエホワイト副作用

 

キミエホワイトの用法・容量をまもり、しみやそばかす・肝斑への効果を実感していきたいものですね。

 

>>キミエホワイトの詳細はこちら

関連ページ

シミ・そばかすに本当に効くの?
シミ・そばかすへ効果のありと人気のキミエホワイトプラスの効果や成分を解説!キミエホワイプラスは、本当にシミやそばかすに効果があるのか?それとも嘘?解説していきましょう。