キミエホワイトの効果

キミエホワイトプラスは、シミ・そばかすに本当に効くの?

キミエホワイト市販

 

「キミエホワイトプラス」はシミ・そばかすを緩和するとされていますが、シミとそばかすの違いはご存知ですか?

 

わたしは何となく、若い頃からあるのがそばかす、加齢にともなって出てくるのがシミなのかなと思っていました。

 

シミとそばかすの違い

 

キミエホワイト効果

 

そばかすの多くは遺伝性だそうです。その大きさは通常のシミよりも小さく、鼻の周りや頬に出やすいのが特徴です。顔以外の部位にも出現します。紫外線を浴びることで濃くなる性質がありますが、シミとは反対に加齢とともに薄くなることもあるそうです。

 

一方のシミですが、紫外線を浴びるとできてしまうことはご存知の人も多いと思います。

 

紫外線を受けると表皮のメラノサイトなどが傷つきます。若いときはそれでも回復力の方が上回っているのでシミになりませんが、紫外線による回復力の低下は着々と蓄積されています。そうして加齢にともなって回復力が低下することにより、シミが増えるのです。

 

シミとそばかすには、後天性と遺伝性といった違いがありますが、その引き金となるのはどちらもメラニンであることには変わりないのです。

 

シミ・そばかすのケア

 

キミエホワイト効果

 

基本的にシミ・そばかすのケアは同じです。

 

そばかすの多くが遺伝性なので自分で改善するのは難しいですが、今以上に濃くしないためのケアはできます。そして、それはシミを防ぐためのケアにも繋がります。

 

1. 紫外線を浴びすぎない

 

前にも述べましたが、そばかすは紫外線を浴びることで濃くなります。シミをつくりだすメラニンも紫外線の影響によるものなので、シミやそばかすのケアには紫外線対策は必須です。

 

2. 積極的にビタミンをとる

 

ビタミンCにはメラニンの定着を防ぐ効果が期待できます。また、ビタミンEには新陳代謝を活発にしてくれて、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進してくれます。ビタミンAには活性酸素を除去し、肌の老化を防ぐ効果があります。

 

ビタミン類は美しい肌の維持に欠かせない栄養素といえます。

 

3. 肌に刺激を与えない

 

シミをつくるメラニンは刺激によって増加することもあります。メラニンは本来、肌を守るために作り出される物質で、刺激を受けると肌を守ろうとしてメラニンが作り出されます。肌への過度な刺激は、必要以上にメラニンを生成させてしまいます。マッサージや洗顔は力を入れ過ぎず、優しく行なってください。

 

シミ・そばかすへの対策まとめ

 

シミ・そばかすは毎日のケア次第で、増えるのをおさえることができたり、濃くなるのを防ぐことはできます。ですが、すでにできてしまっているシミ・そばかすに対してはそれだけではどうしようもないこともありますよね。

 

だからこそ、「キミエホワイトプラス」が有効なのですね。

 

キミエホワイト効果

 

「キミエホワイトプラス」は、紫外線を防ぐ→メラニンの産生を抑える→黒色メラニンを排出する→皮膚の新陳代謝を促す、の4つのステップでシミ・そばかすを緩和してくれます。

 

シミ・そばかすの緩和と聞くと、効き目が弱いようなイメージもありますが、長年蓄積されていたダメージから作られたシミが「すぐに消えてなくなります」という方が、体に本当に良いのか疑問に思いますよね。

 

 

キミエホワイトプラスを継続的に飲んで、シミ・そばかすを徐々に解消していければ良いですね。

 

>>キミエホワイトの詳細はこちら

 

関連ページ

キミエホワイトプラスには副作用情報
シミ・そばかすへ効果のありと人気のキミエホワイトプラスの効果や成分を解説!キミエホワイプラスは、本当にシミやそばかすに効果があるのか?それとも嘘?解説していきましょう。